空間・時間・気持ち…色々な意味で余裕のある生活=余白のある生活、をめざしています。

空間・時間・気持ち、の余裕は、お互い作用しあって、一つ余裕が出来ると、他のことにも余裕が出来てくるのではないかと思います。

まず、空間の余白を作っていきたいと思い、モノを減らしていきたいです。

「余裕」のある生活、では、なんだか経済的な意味が強くなりそうなので「余白」にしました。

004

モノを減らしていく過程や、日々のいろいろを、焦らず綴っていけたら、と思っています。