めざすのは、余白のある生活

空間・時間・気持ちに余白を作るために、モノを減らしていこうと思います。

次女が今春、卒業して、就職します。

元々、県外の大学に通っていたのですが、就職先はまた別の県外になります。


今まで私が管理していた、年金手帳やマイナンバー通知、それに通帳と印鑑。

一式を、ファイルにまとめて渡しました。


長女の時も同じようにしました。

肩の荷が下りる反面、すごく寂しい思いがします。


まだまだ私にとっては、「子供」なので、心配は尽きません。

これからは、学生とは違って、厳しい環境になると思います。

離れて暮らすと、常にフォローすることもできません。

IMG_1907

「本当に巣立っていくんだなあ」と実感しますが…

まだまだ親を頼って欲しいとも思ってしまいます。



ランキングに参加しています。
ぽちっとしていただける
とうれしいです。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

テレビでよく、キッチンの便利アイテムを紹介していると、「いいな、欲しいな」と思います。

でも、それを買ってしまうと、それの収納場所を確保しなければならない、という問題が発生します。

私には大問題です。


それに、便利アイテムの場合、用途が限られていることが多いです。

時短になるかもしれないけど、どれだけそれを使う機会があるか、です。

機会が多ければ、収納場所を確保してでも使う価値はあると思います。


私はとりあえず、今ある道具で済ませています。

それと、便利アイテムって、洗いにくそうなのが多い気がするんですよね…


************

ブロガーさんがおすすめされていたのでつい買ってしまいました。
IMG_1908
マスキングテープより強力なのと、手で切ってもまっすぐ切れるのがいいです。



ランキングに参加しています。
ぽちっとしていただける
とうれしいです。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

夫も私もスニーカーをよく履きます。

夫は紐靴もよく履くし、毎回ちゃんと靴ひもを結びます。(私は、面倒くさがりなので、紐靴でも結んだ状態のまま強引に足を入れてます。)

履くのに時間がかかる靴が多いので、玄関にスツールがあるといいなと思います。


元の家では、家の中に上がる段に座って履いていましたが、これから年齢を重ねることを考えると、もっと座りやすいほうがいいかな、と。

スツールを探してみようと思います。

探してみるとスツールって、値段がピンからキリまであるんですね。


どうせなら、いいものを買おうかなと思ったり、安くてもかわいいものがあるからそれでいいか、と思ったり、悩んでいます。

いろいろ迷うのも楽しいので、じっくり考えようと思います。


************

以前IKEAで、かわいくて思わず買ったスツール。
IMG_1912
高さが低いので枕元に時計など置くのにちょうどいいです。



ランキングに参加しています。
ぽちっとしていただける
とうれしいです。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ