めざすのは、余白のある生活

空間・時間・気持ちに余白を作るために、モノを減らしていこうと思います。

我が家では、鉄製の急須を使っています。

洗った後、キッチンの台の上にそのまま置いておくと錆が付いてしまうので、珪藻土コースターの上に載せていました。

少し前に、珪藻土マットのアスベスト問題が話題になった時、心配になり、珪藻土コースターを使うのはやめることにしました。


代わりに何を使おうか迷い、しばらくはキッチンペーパーをたたんだものの上に載せていました。

でもイマイチなので、ずっと探していました。


セリアで、キッチン周りで使うステンレス製のボトル置きを見つけて、「これだ」と思いました。

ただ、サイズが小さくて、急須は納まりません。

逆さまにして載せたらどうだろう、と思い、試してみました。

IMG_1976
4つのとんがりの上にバランスよく載せなければいけません。

不安定だったらやめておこうと思っていましたが、意外と大丈夫でした。

載せる時気を遣うかな、とも心配でしたが、思ったほどではありません。


浮かせておけるので、乾きも早くて快適です。

珪藻土コースターは汚れたら買い換えていたけど、その必要もないし、結果的にはよかったかな、と思っています。



ランキングに参加しています。
ぽちっとしていただける
とうれしいです。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


新しい家の「建て方」から、2週間ちょっとが経ちました。

外壁はまだ貼られていませんが、構造体は大体できていて、サッシも取り付けられました。


この段階で、建築士さんと現場管理の方、設備工事業者の方、そして私達施主とで、現場で立ち合っての確認作業がありました。

「上棟立ち合い」というものらしいです。

IMG_1959

まず、給排水工事の方と、上下水に関係する場所などの確認をしました。

これは、比較的時間もかからずに終わりました。


次は、電気工事の方と、コンセントやスイッチの位置などの確認です。

これは、すごく細かくて、すごく時間がかかりました。

テレビやパソコンを置く場所を想定したりと、具体的にどんな生活をするか想像しないといけなくて、大変でした。


最後に、内部の棚などの確認です。

全部で、約3時間かかりました。


家が完成するまでには、いろいろなイベントがあるものなんですね。

図面ができるまでの打合せに比べたら、今はほとんどありませんが。


今後は、カーテンのことや、家の中で取り付けてもらえる施主支給のフックなど、検討していこうと思います。



ランキングに参加しています。
ぽちっとしていただける
とうれしいです。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

今、夫が使っている財布は、以前私が使っていたルイヴィトンのものです。

既に私が相当期間使っていたので、年季が入っています。

でも、夫は構わず使っています。


休日に夫が使っているエルベシャプリエのトートバッグは、私が30年近く前に使っていたものです。

もう処分しようと思っていたのですが、夫が使うと言い出して。

夫は、タオルハンカチも、娘達が使っていたおさがりを使っています。


モノを大切にするタイプ?と思いきや、私が捨ててほしくないものを捨ててしまったりもします。

安物を頻繁に買い換えるより、良いものを長く使いたいタイプらしいのですが。

モノに対するこだわりがあるのだかないのだか…です。


************

最近気に入っているナッツ。とってもいい香りです。
IMG_1949



ランキングに参加しています。
ぽちっとしていただける
とうれしいです。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ